薄毛の原因とは | 植毛でコンプレックスを解消して自分に自信を取り戻しましょう!
menu

薄毛の原因とは

薬をスプーンですくっている様子

AGAは多くの日本人男性を苦しめる要因です。
そんなAGAを治療するのは基本的には投薬治療です。
「フィナステリド」と「ミノキシジル」という成分を摂取することで、頭皮の血流や発毛を阻害する物質を撃退することが可能になります。

フィナステリドは錠剤として飲むのが一般的で、体内の強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の発生を抑えることができます。
そのジヒドロテストステロンは「脱毛指令」と呼ばれる恐ろしい指令を飛ばします。
それを止めるためにフィナステリドが有効なのです。

フィナステリドの副作用としては、性欲の減退や精子の減少、射精障害が挙げられます。
男性ホルモンに働きかける医薬品ということで仕方のないことかもしれません。
また肝機能に障害のある方は服用を敬遠した方がいいです。
更に気をつけたいのは妊娠中の女性です。
フィナステリドを服用することはおろか、触れるだけでも男子胎児の生殖器官の発育に悪影響を与える可能性があります。

ミノキシジルは血管拡張作用を持った医薬品です。
直接的にAGAの治療薬というわけではないのですが、薄毛治療に効果があるものとされています。
というのも、髪の毛は基本的に血液から栄養を得ています。
しかしAGAを始めとした薄毛というのは血管が細いことから起きる場合があります。
それを治療するために、ミノキシジルを服用すれば本来以上の健康的な頭皮環境を作り出すことが可能になるのです。

ミノキシジルの副作用としては、しばしば頭皮のかゆみが挙げられます。
シャンプーなどから直接頭皮に吸収するものですのである意味では仕方のないことかもしれません。
しかしそれ以外には眠気や倦怠感と言った副作用も確認されています。
副作用がひどいようであれば病院で診断を受けても良いかもしれません。

これらの医薬品の力を借りるにはAGAの進行度がそこまでひどくない場合に限ります。
そのために、植毛という手段で薄毛の治療をするのもいいのではないでしょうか?