現代的な自毛植毛技術 | 植毛でコンプレックスを解消して自分に自信を取り戻しましょう!
menu

現代的な自毛植毛技術

積み上げている白い錠剤のタブレット

自毛植毛の歴史は非常に古いです。
その始まりは200年ほど前に行われた皮膚そのものの移植であったとされています。
時代は進み、自毛植毛の到達点とも言えるべき技術が開発されたのです。

それがFUE法と呼ばれるものです。
最新の治療器具による頭皮へのストレスの少ない非常に安全なものです。
そんなFUE法の内容はというと、ストローのような細い針で毛根を採取するというものです。
後頭部や側頭部などの毛の残っている部分から毛根を採り、それを前頭部や頭頂部などの気になる部分に移植するのです。

FUE法の一つ前に主流だった植毛技術はFUT法といいます。
FUT法では頭皮を薄く切り取りその中から顕微鏡を使いより健康的な毛根を選別し、移植するというものでした。
確かに高い定着率を誇っていたのですが、メスを使うということで頭皮に与える影響は少なくありませんでした。
そのために術後の頭皮の痛みなどが気になるところでした。

しかし最新のFUE法ではそのような頭皮への負担がほとんど無いのです。
もちろん無差別に毛根を採取するために毛根の状態というのはあまり考慮できないかもしれません。
つまり定着率おいてはFUT法に劣ってしまうと言えます。
とはいえ、術後の痛みが無いのは非常に嬉しいとこところです。
FUT法ではできてしまう傷跡も、FUE法ではできる心配がありません。
そのような素晴らしいFUE法を味わってみませんか?