髪をとりもどすために | 植毛でコンプレックスを解消して自分に自信を取り戻しましょう!
menu

髪をとりもどすために

ピル風の薬

髪の毛は時間とともに生え変わっていくものです。
そんな髪の毛は無限に生えてくるものではありません。
いつかは生え無くなってしまいます。
しかし、それは私達のせいではなくAGAという病気のせいなのです。

「薄毛はホルモンが関係している」というのを聞いたことがありますか?
都市伝説のように思っているかも知れませんが、実際に薄毛とホルモンは非常に密接した関係にあるのです。

男性ホルモンの中で一番多い割合で存在するのが「テストステロン」と呼ばれるものです。
そのテストステロンが体内の酵素と結びついてより強力になったのが「ジヒドロテストステロン」と呼ばれるホルモンなのです。
強すぎる効果を持つそのジヒドロテストステロンは頭皮環境を荒らし、髪の毛に最悪に近い影響を与えます。
そんなジヒドロテストステロンを止める方法は薬しかありません。
しかし、薄毛というのは病気であると捉えている人は少ないかと思います。

そのために、投薬では少し遅い場合というもあります。
だからこそ植毛という方法で髪の毛を取り戻すのです。
薄毛の男性でも70代、80代にならなければ側頭部や後頭部の毛というのは残っているものです。
その残っている毛を気になる部分に植毛することが出来るのです。
自分の髪の毛ですのでもちろん拒絶反応はありません。
さらに髪の毛の定着率というのも非常に高いことで知られています。
今までの植毛技術では頭皮に負担がかかることがありましたが、最新の技術では痛みを感じることなく植毛をすることができます。